2ch浮気速報

NO IMAGE

【因果応報】「お父さんに会いたい」って泣いた事があったけど、母に頬を叩かれて「二度と言うな!」って言われてからは言えなくなった。【胸糞→ざまぁ】



567: 名無しさん@おーぷん 21/07/22(木) 11:36:40 ID:e3.nd.L1


妹から手紙がきた。
「母が余命宣告されたので、一度でいいから帰ってきてほしい」
と。

そこに書かれた電話番号に非通知で掛けて、
「母だとは思っていない。
タヒんだらその時に又手紙をちょうだい。
相続は放棄するから、その書類も一緒に送ってね」
と言った。

我ながら酷い娘だと思うが、母に対しては憎しみすら無く何の感情もない。
二十代で家を出てから一度も実家には帰っていないが、人伝に
『母は二度目の離婚をし、妹も結婚して一年で離婚して出戻り、ふたりで暮らしている』
と聞いていた。


妹は
「私にばっかり押し付けて!」
と憤慨してたけど知らん。
憎んでくれて結構。
母も妹も、家族だと思えるような人生ではなかった。

昨晩、自分の半生を思い返しながら書いてみました。
かなり長いので、嫌な人はスルー宜しくお願いします。
叔父達との会話の辺りはうろ覚えなので矛盾があったらごめん。


小学校に上がる前に両親が離婚して、妹と共に母に引き取られた。
その一年後に母が再婚したんだが、
母も養父も妹だけ可愛がっていた。
私が何か求めて母に近づいていっても
「向こうに行ってなさい」
とよく言われた。
妹はいつも母のそばにいたのに。

小さい方を大事にするのは仕方がないし、実際妹はお人形さんのように可愛かったし、
(仕方ないか)
と思いつつやっぱり寂しくて、一度だけ
「お父さんに会いたい」
って泣いた事があったけど、母に頬を叩かれて
「二度と言うな!」
って言われてからは言えなくなった。

妹はお姫様のように扱われ、我儘で高飛車な少女に育った。
常に私を見下し、汚いものでもみるような目で見ていた。
そんな子供時代だったけど、子供にはどうすることもできなかった。



私は自分が悩まない為に色んなことを諦めて、ひたすら勉強した。
(自立して自分の人生を生きるためには、とにかく今は勉強だ)
と思っていた。
でも大学受験が近づいてくると当然のように親は『就職しろ』と言うし、
(奨学金を借りて大学に行っても、ちゃんと就職できなかったらどうしよう)
と不安になって進学する勇気がなく、結局就職することにした。
そう決めた日には布団の中で泣いたなー。
(就職してとにかくお金を貯めよう。貯まったら家を出よう)
(お金がたくさんたまったら、それからでも行けるものなら大学に行きたい)
と思っていた。

スポンサーリンク


568: 名無しさん@おーぷん 21/07/22(木) 11:36:57 ID:e3.nd.L1


だけど転機が訪れた。

私が25、妹が21の時、自宅に男性ふたりが訪ねてきた。
実父の弟と司法書士で、事後報告を謝りながら父がなくなったことの知らせだった。
司法書士が一緒に来たのは相続の話をするためで、うちの住所を調べたのもこの人だったみたい。


母がずっと隣にいたけど
「未成年じゃありませんから、お母さまは席を外してください」
とか言われて、私と妹だけに話があった。

一番最初に妹に対して
「ご両親のことはお聞きになってますか?」
と聞いた。
妹は私をチラチラみながら薄笑いを浮かべていた。

妹が知ってると言うことは叔父には分かってたみたいで、そこから私に対しての説明があった。
叔父とは小さい頃に何度も会ってるらしいけど、私は全然覚えてなくて、でも写真を何枚か持ってきてて見せてくれた。
父も一緒のやつ。


妹とは父親が違うこと、父が私の親権だけは取りたくても取れなかった理由とか、養育費は一括で支払ったけど、面会できなかった理由とか。
離婚原因となった母の浮気相手は養父、つまり妹にとっては普通に実の父親だったようだ。
知らなかったのは私だけだった。

何が本当で何が嘘なのか正直分からないけど、
(どうりで…)
って、色んなことが腑に落ちたのでたぶん本当のことなんだろうと思った。


それでも戸籍的には妹は父の次女になっている。
なのでどうやっても相続権が発生してしまう。


それに対して父が用意していた算段は、
『(妹)に100万のみ。
不服がある場合は裁判を起こしてくれて構わない。
その場合はDNA鑑定なりして実の父子ではなく、現在の養父が父親であると言う証明をし、相続から廃除するよう裁判をこちらも起こす。
その場合はもちろん100万円の相続もなくなる』

~みたいな事だったと思うが、そういう説明があった。
叔父と司法書士と、その辺りは打ち合わせ済みっぽかった。


叔父は妹に対し、噛んで含めるように
「兄は何も知らなかったとはいえ、あなたが2歳になるまで実の娘だと思って育て、あなたの分も養育費を支払ったのだから、十分ですよね?」
と話し、
「あとは(私)ちゃんとの話ですから」
と席を外させた。

私が相続する遺産は、父が住んでいた築20年ほどのマンションと預貯金数千万ほど。
あとは私が受取人になってた生命保険。
叔父は小さいながらも会社経営していて、
「よかったらうちで働かないか」
と誘われた。
「もしそうしたいならいつでも連絡を」
って名刺を貰った。

ふたりが帰ると、母から
「何を聞いたのか、遺産はどれぐらい入ってくるのか」
と盛んに聞かれたけど、何も話せなかった…っていうか、
母をすごく煩わしく感じた。
あんな感覚は初めてだった。

続きを見る

2ch浮気速報カテゴリの最新記事